映画&音楽を語るがや!

映画&音楽を語る中田昌宏(職業:主に映像製作)の日記ページ。そのほかに撮影現場・パソコン・書籍などに関する事なども語っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽 「ハートじかけの未来」 by ELLIS

タイトル:ハートじかけの未来
グループ名:ELLIS

(1ST アルバム「LOVE IS HERE」収録(TRACK-3))

アルバム単位で音楽を語りたいといいながら、今回はある、一曲に関して書いてしまいます。いきなり、ルール違反です。ルールは破るためにある!それがロックだ!という事で許してもらって次の展開にして話を進めたいと思います。

まず、最初に私はELLISが大好きだということです。ここからお話を始めます。

「ハートじかけの未来」by ELLIS

実はこの作品(曲)が入っているアルバム「LOVE IS HERE 」は現在、廃盤の模様です。しかし、あえて紹介したいと思いましたので、ELLISのベストアルバムのレビューの一部として紹介させていただきます。

このおよそ3年間で自分の中で、「おえっ!」というくらいに驚いた出来事の100項目の中のひとつにこんなことがあります。(すいません、5個くらいに絞りきれなかったもので・・・イロイロあるんです、世の中)

一緒に仕事をさせていただいている盟友の(かっちゃん)がELLISの知り合いだという事。それを聴いた時、久しぶりに(というか初めて位)芸人リアクションが出てしまいました。(ほら、あの、頭の前くらいで、手を少し丸めてパンパンたたく、知能指数2くらいの同感・同意行動)
それくらい、衝撃的なことでした。それはなぜかというと、私はELLISが大好きだったからです。しかも、ハードロック・バンドとして・・・
一般的には、ELLISは日本音楽界において、ポップスというジャンル分けをされてきたと思われます。「ふざけるな!」(←3倍角)と私は言いたいのです。これほど、気持ち・精神を激しく揺らしてくれる音を創るチームはないのです!そうなんです!私の中でハードロックというのは[心を激しく揺さぶってくれるもの]なのです。

しかし、ただ感動させてくれれば良いというものでもありません。
自分の中にある(ハードロック的な)様式美に沿っていなければいけないのです。

このことに関してはまた。おいおい・・・
という間にまた、長々となりました。
クセです。
すみません。
入りは静かにサビで恥ずかしいほどに盛り上げる!←これの繰り返し←ハードロック!

「ハートじかけの未来」という作品をはじめて聞いたのは、私がプロとして映像製作を始めた頃の時でした。ELLISの存在を知ったきっかけは、よくありがちなウンナンの曲の「千の夜とひとつの朝」でした。普通の曲でした。(すみません。当時は良い曲だと思っていたのですが、その後に次々に出会えたELLISの新旧の作品と比べたらそうとしか思えないのです)しかし、その後、ひょんなこと(よくありがちな表現。実はちゃんとしたきっかけがあったりします)から、この作品が収録されたファースト・アルバムを購入。
1曲目?!2曲目?!!3曲目?!!!!!!!
何だ、この曲構成は!はっきり言ってこの後、気絶していたので、4曲目以降のことはよく覚えていません。(後日、しっかり聞きました、アルバム単位の評価は後の機会に)
このアルバムだけはなぜか、この3曲を聴いた段階で気絶してしまうんです。確かにポップでやさしいタッチの曲なんだけれど・・・これほど、せつなく、しかし、元気をくれて、やる気を出させてくれ、ダークな気分にさせてくれる作品(曲)にあったのも久々でした。オジー・オズボーンの「DIARY OF A MADMAN」アルバムの「TONIGHT」(初聴 高1)と同様のインパクトがありました。
この曲は確実に私の人生のある期間において、なくてはならない作品でした。(とはいっても、今もこれからもヘヴィーローテーションです)

いい曲なのよ・・・(どこかで探してね・・・)

同傾向の作品・・・KASHMIR by LED ZEPPELIN



ベスト盤との2枚組(めずらしいね・・・)が出ているので、こちらがうれしいかもです。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。