映画&音楽を語るがや!

映画&音楽を語る中田昌宏(職業:主に映像製作)の日記ページ。そのほかに撮影現場・パソコン・書籍などに関する事なども語っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折笠くんのCD 「Sweetie」

先日、折笠(富美子)くんから新しい曲(Sweetie)&(数多駆けゆくその星の話)のCDが送られてきた。ちょうど、ホラー物の脚本を書いていた最中なので、申し訳ないが、一回だけ流し聴きして、早々に左手のラックに撤収させていただいた。
何の感動もなく・・・
そして、数日が過ぎ、新規の企画(RETURN X?)を考えていたときにふと、このCDをかけてみた、いろいろな想いを浮かべながらシーンを考えていた。
気付いたら、約4時間ほど、リピートしていた。(カラオケは抜きよ)
特に鬱屈もの好きな私にとっては(数多駆けゆくその星の話)がキテいたようで、この曲に関しては、30~40回ほど、強制リピートさせていたようだ。(その後も、かなりのローテーションです)
な~~~んだ、折笠くん、いいじゃない。
あついけれど、それをわかり(意識し)ながらあえて前面に出さない、鬱屈したクールさがいいよね。(←この場合の鬱屈は非常に良い意味の言葉で使っています!深く、激しく、といった意味です)
やっぱり、こんな仕事したいよね。
いろいろ、考えます。
以上。
MASAでした。




これもね。


スポンサーサイト

Comment

BCP  

もう一度零を知り、人となれ…

MASA様
昨日は、ありがとうございました。
えと、私も数えきれない位にリピートしてます(笑)
折さんの歌は、癒しで色々と伝わってくるモノが沢山ありますが今回のCouplingで感じた感想の一部として「始まり、体験、考える、理解(起承転結?)」的なフレーズが浮かびました。
聴けば聴くほど深みが増しますね。
勿論!メインの「Sweetie」も好きですよ♪
ジャケットのパンダさん可愛い~

2006/06/27 (Tue) 11:11 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。