映画&音楽を語るがや!

映画&音楽を語る中田昌宏(職業:主に映像製作)の日記ページ。そのほかに撮影現場・パソコン・書籍などに関する事なども語っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 NARC

映画タイトル:NARC ナーク (2003年)
原題:NARC
監督:ジョー・カーナハン
日本劇場公開作品

ヘビーでダークでディープな作品。
最初時は少しオモシロそうな映画と思ってみたのだが、見始めたら、ラストまでノンストップだった。
ただただ、すごいものを見た、というのが一発目の感想。
この場合、「観た」ではなく「見た」というのが正しい。
観賞したのではなく、まさに目撃してしまった。
ストーリーはよくある、警察汚職問題モノなのだが、ストーリーの運び方と、役者の芝居のうまさで全くだれることはなかった。
レイ・リオッタもジェイソン・パトリックもすごいひげ面でほとんど、顔した半分が見えないのも、楽しい。
これを見てたら、大好きな1974年公開の「重犯罪特捜班 ザ・セブン・アップス」を思い出した。ざらざらでギトギトな男たちが走り、這いずり回る映画はなんといっても気持ちのいいものだ。

人によっては(特に性別かな?)好き嫌いの激しい作品だが、私はこれを買う!ラストは思いっきり泣けるし・・・

ちなみにこの監督はこの後、「MI3」を撮るはずだったのだが、トム・クルーズとの表現上の解釈の違いから降りている。
ま、そうだろうな。この作品みたいに男汁だらだらに撮られたら、トムも参っちゃうだろうな。最初から、作品見て監督選ぼうよ。しかし、ジョー・カーナハンの「MI3」見たかったな・・・(←観た、じゃないよ)
DVDに関してはメイキングなども楽しいです!



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。