映画&音楽を語るがや!

映画&音楽を語る中田昌宏(職業:主に映像製作)の日記ページ。そのほかに撮影現場・パソコン・書籍などに関する事なども語っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 ヒストリー・オブ・バイオレンス

映画タイトル:ヒストリー・オブ・バイオレンス(2006年)
監督:デビッド・クローネンバーグ
日本劇場公開作品



ようやく見ることが出来た。
何か複雑だった。
題材は非常に面白いのだが、これをクローネンバーグが撮る必要性があるのだろうかと思った。

暴力描写が激しいと評判だったが、いまどき、あれくらいじゃなぁという気も。
別に激しさを求めているのではない。
以前のクローネンバーグが持っていた、「内臓感覚」がどこかに行ってしまっているのだ。
この題材にそれを期待したほうが間違いかもしれない。

しかし、「スキャナーズ」「ラビッド」「ザ・フライ」「クラッシュ」のようなゾクゾクを彼はどんな題材にも注入できるはずだ!そう信じたい!

「ザ・フライ」でのヒヒが転送装置から操作ミスによって、カラダが内部から裏返って出てきた時のような。

部分部分には「おお!」というところはあるのだが、全体的に中途半端だった。
残念・・・
賛否両論ある作品だなと感じた。


これらはすごいよ!特に「クラッシュ」はゾクゾク!






おすすめモノです!ジャンプしてください!
 ↓


http://blog64.fc2.com/


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。