映画&音楽を語るがや!

映画&音楽を語る中田昌宏(職業:主に映像製作)の日記ページ。そのほかに撮影現場・パソコン・書籍などに関する事なども語っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ ブラック・ラグーン

最近、あるアニメを見ていて、衝撃を受けた。
それは、もうすでに評価の定まっている「ブラック・ラグーン」なのであるが、どこが衝撃なのかを述べたい。

本編の内容自体は、私自体がアーミー大好きなので、何の文句もなく楽しいものなのだが、それだけでは満足は出来ない。しかし、「ブラック・ラグーン」はそれだけでは終わらない。

それは、エンディングに入る間合いだ。

この作品のエンディングに入る唐突さがなんとも気持ちよく、身震いしてしまうような(今までのアニメではあまりなかった感)状況なのだ。

前のシークエンスにほんのちょっとだけ、音がのり、次にはあの闇の砂浜・・・

ハードボイルド。

本編の内容に没頭している間、突如、訪れるそのエンディング。
最高だ。

多分、あの(パツッと切った感じ)は実際に観なければわからない。

サントラです。



本編です。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。