映画&音楽を語るがや!

映画&音楽を語る中田昌宏(職業:主に映像製作)の日記ページ。そのほかに撮影現場・パソコン・書籍などに関する事なども語っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折笠くんの舞台 R*L

非常に異常に書き込みがおくれましたが3月31日、折笠富美子くんの舞台に行ってきました。「R*L」という女性3人のユニットの様々な出し物(パフォーマンス)。
「RETURN」のプロデューサーと助監督の3人で行ってきました。
公演のチラシを文化放送で偶然手にしたときに思わず、親近感を感じました。
チラシのロケ場所が、神谷町から慈恵病院に行く途中の愛宕トンネルの中なのが笑えました。ここはいろいろな意味で思い出深い場所なのです。(ま、そんなことはどうでもいいとします)

「役者折笠」を感じたパフォーマンスした。
他の2人も非常にがんばっていました。
(特に豊口さんという方は私にとってツボ・アニメ
「BLACK LAGOON」のレヴィ役なので、今度、いろいろ・・・
と思っている方なのですが)
しかし、折笠くんのやる気には、少々、及ばなかったような・・・

やはり、折笠くんは芝居だね。と再認識できた時間でした。
発見:普段の彼女と違って面白かったのが、狙った芝居の時に何気に見せる「ロボット的」な動きです。これってかなり、勇気&ひらめき&テクニックがいる技なのですが、彼女は非常にうまいタイミングで出していました。
(特にわれわれオジサン・ツボ・インのピンク・レディーメドレーの時)

折笠くんは、やはり、実写&長尺モノかな・・・

P.S.二階席で見ている時には気付かなかったけど、終わった後、バカッ話してたときに会った折笠くんはかなリ、顔がほっそりとしていたと思った。役者としてはかなりいい顔してたなと感じました。よいよい・・・これからこれから・・・
スポンサーサイト

Comment

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/04/23 (Mon) 09:26 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。