映画&音楽を語るがや!

映画&音楽を語る中田昌宏(職業:主に映像製作)の日記ページ。そのほかに撮影現場・パソコン・書籍などに関する事なども語っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽 リトル・クィーン by ハート

タイトル:リトル・クィーン
バンド(ソロ)名:ハート
発売:1977年



もともと、コンセプトアルバムというものにはあまり興味がない。
というより、いい作品に出会えたことがない。
なんか、コンセプトという名の元に、時々ゆるい曲が挟まっているのがどうもしっくりこない…

しかし、ハート初期(2nd)のコンセプトアルバムといってもいいこの作品は、ちがう。
それぞれの曲が非常にクオリティーが高く、どーっと聴けてしまう。
このバンドのハードな面での代表曲「バラクーダ」。まさしく、必殺のリフを持つ傑作で始まるこのアルバム。

中学のときに聴いたときはぶっ飛んだよ。ブラックサバスやクィーンじゃない女ボーカルのハードロックが成立するなんて…

それだけじゃない。最初はハードな曲ばかりに耳が行ってしまったが、しばらく聴き込むうちにアコースティックの曲のすさまじいクオリティーに打ちのめされた。

そして、TRACK-7の「TREAT ME WELL」に完全にやられた!
こんな泣ける曲があるなんて!なんともいえないMY名曲です。

コンセプトに埋もれず。曲それぞれが激しく主張しているかつてないコンセプトアルバム。
あ、そう、テーマは「中世の森 おとぎ話」といったところでしょうか…
必聴です。
聴き込むほど味が出る「するめ」アルバムです。

おすすめたちです。

http://astore.amazon.co.jp/fc2com0249-22

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。